2022大会テーマ『RAPID REACT』

2022大会テーマ『RAPID REACT』について

「RAPID REACT」(提供: ボーイング社)では、2つのALLIANCE(同盟を組んだチーム)がCARGOというボールの処理を競い合います。

 CARGO

各ALLIANCEには、赤か青のCARGOが割り当てられ、割り当てられた色のCARGOを回収、HUB(下記写真の中央)に入れて得点します。

Human playerと呼ばれる各チームのメンバーの中から選出された人は、自分のTERMINAL(下記写真の手前と奥)からCARGOの回収と得点の獲得をサポートします。

試合の最後には、ロボットはHangar(下記写真の左端と右端)にぶらさがり、輸送に備えます。

ステージの全体図

このゲームの注目ポイント

最初の15秒間の自動制御

最初の15秒間は、自動制御で動作します。

ここでのポイントは、最初にロボットに積まれる1つのCARGOをHUBに入れた後、他のCARGOをどれだけ追加で入れられるかです。

CARGOをHUBの上部か下部に入れる

自動制御が終わると、手動制御に移ります。

手動制御ではHUB(下記写真のポイントが書いてある部分)にCARGOを入れていきます。

HUBにCARGOを入れるロボット

Upper HUB(上部の2ptと書かれたカゴ)に入れるにはCARGOを上に飛ばす必要があるため、難易度が高いです。

Hangarにぶら下がる

輸送をするため、試合の最後ロボットはHangarにぶら下がらなければなりません。

このミッションは最も難易度が高く、多くのポイントを得るには、Hangarを渡っていかなければなりません。

Hangerにぶら下がるロボット

また、ロボットの重量は50㎏前後あるので、ぶら下がるだけでもとても難しいです。

私たちのチームでは、現在これらのミッションをクリアするためのロボットを製作しています。

◎製作日記は下記のリンクからご覧いただけます。

https://sakura-tempesta.org/category/production-diary/