中高生国際ロボットチーム


FRCとは

date_range
history2020/03/22

FIRSTとは

若者たちの科学技術への興味の促進、閃きへの貢献を目的とし、FIRST (For Inspiration and Recognition of Science and Technology) は米国ニューハンプシャー州、マンチェスターにて1989年に設立されました。

創設者であるディーン・ケーメン(Dean L. Kamen)は、セグウェイなどを開発した発明家、事業家で、科学技術の発展のため尽力している人物です。
ケーメンの持つ、若者たちに科学技術の魅力を伝える情熱と意志の強さはFIRSTの礎となっており、30年以上世界に影響を与え続けてきたFIRSTは、今では誰もが認める「全世界の若者のための、利益優先ではないSTEM(※)教育プログラム」となっています。

※STEM:Science, Technology, Engineering and Mathematicsの略で、科学、技術、エンジニアリング、数学といった、理系分野の総称

FIRST® ROBOTICS COMPETITIONとは

FRC(FIRST® Robotics Competition)とは15歳から18歳の青少年を対象とした世界規模の国際ロボット競技会で、1992年にFIRSTによって設立されました。
現在世界33か国9万4千人以上の生徒が参加しており、毎年世界大会がアメリカ国内の2都市にて開催されます。
2014年からは日本チームも予選大会に参加しており、さらに私たちは2年連続で、世界大会へ出場しました。

この大会では毎年異なるテーマ、ルールが1月上旬に発表されます。
予選大会は2月下旬~4月上旬(参加する大会によって異なる)にあるため、2~3か月ほどでロボットを完成させる必要があります。
ロボット製作期間はビルディングシーズン(Building Season)と呼ばれており、この期間中にロボットの設計から、組み立て、プログラミング、操作練習などすべてを行います。
メンター(大人の指導者)の補助の元、メンバーは、プロのエンジニアが使うような道具を使用してロボットを製作するなどして、実践的な経験を積むことができます。

また、この大会に参加するには渡航費のほかに、大会参加費やロボット製作費だけでも100万円以上必要です。
そのため、ビルディングシーズン外では企業にコンタクトを取ってご支援を頂いたり、個人の支援者の方からもクラウドファンディングなどを通してサポートして頂いています。

また、FRCに参加するチームはFIRSTの信念に則り、アウトリーチ活動を行います。
私たちのチームでは中高生向けのワークショップなどを開催しました。
私たちの過去のアウトリーチ活動についてはこちらをご覧ください。

※アウトリーチ活動:一般的には地域奉仕活動のこと。FRCでは特にSTEMを広めていく活動のことを指します。

参考動画
FIRST Robotics Competitionとは?: https://youtu.be/zpdYKHLGftU

FRCに参加して受けた影響:  https://youtu.be/UdVIv8nPkgY

FIRST Robotics Competitionの特別なスキル:  https://youtu.be/q2e5mwYmqr4

FIRST More Than Robots:  https://youtu.be/zRDi1DT3AFA

FRC 2020 ゲーム内容: INFINITE RECHARGE

FIRST Championship 2019 Tesla Division Qual. 108:

FRC 2018年ハワイ大会:

Copyright© FRC Team SAKURA Tempesta , 2017 All Rights Reserved.

arrow_upward